スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女 初オペラ

新国立劇場が 高校生のためのオペラ鑑賞教室を関西でも

開いてくれた

全2幕がイタリア語 ノーカットで演じられる

音楽は 大阪フィルハーモニーオーケストラ

という 本格的なもの

保護者も希望者は鑑賞できる旨 学校から手紙をもらったので

迷わず参加した

10.26愛の妙薬 006


このような 立派なパンフレットが事前に配られ

あらすじや見どころが予習できる

長女には 

開演前は どうせ友だちと喋ったりして パンフレットに目を通せないから

家にいる暇なときに読んでおくように 言っておいた

私も 前日夜にしっかり読んでおこうと ページをめくった

・・・・・・

んー



カタカナに    ヤ ラ レ タ・・・


登場人物の名前やら解説が

ややこしや~


せっかくの本格オペラだから 用意周到で

と思ったのに 脳みそが拒否

右脳が望んで左脳が拒否

主な登場人物とひらがな・漢字だけで ななめ読み

ストーリーは極めて 単純明快だけど

解説↓は・・・  今回は まあいいや 

10.26愛の妙薬 008


当日 開演30分前に劇場に到着~

入口には 様々な制服の生徒がわんさか

こんなとき 身の置き場に困る~ ゚(゚´Д`゚)゚

小心者な部分が すごく困ってる~

知らん学校の生徒の最後尾に並んで入るのは なんか違う気がするし 

学校の先生のふりするのも もっと違う (←どんなふりをするつもりや?)

しばらく気配を殺して 柱と同化して待つ事 15分

生徒が全部入場してから ようやく入った

10.26愛の妙薬 001

保護者の参加は少なく 同じ学校の方は6・7人

オホホホホーな 挨拶を交わして席に着く

10.26愛の妙薬 003

2階だけど ど真ん中 とてーも見やすい \(^o^)/


この2千人弱の客席の中で オペラに興味を持っている生徒は 稀だろうけど

彼らに 特別なレクチャーをせず 本格的なオペラを

一般の上演と同じように見せてくれる

いっぱしの大人扱いされてるんだよね

紳士淑女の諸君

開演前 ケータイいじってたそこの君は

目の前で 爆睡してる けれども

さもありなん


オペラに興味が全くなくても 居眠りしてても

舞台美術とかソリストの声とかオーケストラの音とか

体のどこかに 垢のように残ればそれでいいやね



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。