スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都へ ドライブ 1

友人たちと4人で京都へ行って来た

京都って 微妙に近いからいつでも行けると思うのと

道路や観光地どこも混んでるから 敬遠する気持ちで

あまり足が向かなかった

気が付いたら 丹波という名を冠する地方に生まれ育った私よりも

岡山とか九州出身の友人の方が 京都に多く訪れ京都をよく知っていた

なんてこったい

日本人として やっちまったな感があるわー

国内外からこんなに観光客が来ているのに

私 京都をノーマークで50年以上生きて来たわ


まあいいわ

京都に来たから そう思っただけだから



ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄∇ ̄)┘



京都 どこ行く?

パワースポット行きたい ということで

先ず訪れたのが 五芒星がトレードマークの清明神社

街なかの小さな神社とは想像してた

2013.6.9 清明神社 007

想像どおりの規模の神社だけれど

随所に 数年前の陰陽師ブームの影響でとってつけたと思われる

代物が・・・

2013.6.9 清明神社 001
式神  ジブリのアニメキャラかと

2013.6.9 清明神社 010
撫でて厄を落とすとか

2013.6.9 清明神社 006
御神木  両手を当ててパワーを感じてみろとか

ここか ここがパワースポットなのか

早速両手をあてて 更に 蝉のように貼り付いてみた

顔を横に向けると 友人Tも貼りついていた

Tはニヤニヤして 「どう? パワー 感じる?」

「・・・・・ぜんぜん・・」

「やんなー (笑) 一緒に来る人 間違ごうたわww」

Tも私と同じ事を思ったらしい

というか こういうのは 一人で心落ち着けて参拝するとかでないと

パワースポットなんて不確かな物 感じるわけないわな

今回は4人でワイワイして 気分転換して楽しめたらそれで充分


2013.6.9 清明神社 004

修学旅行の中学生たちが撮り終わるのを待って撮った写真

2013.6.9 清明神社 014

しまった 普通の笑顔にしてしまった

絵面的に くわぁっって恐い顔しないといけなかったか

これだと

式神「これから雨が降るのでこの傘を持って行きなさい」

鬼s「ありがとうございます」

清明「じゃあ 僕らどうすんの?」

にしか見えない




次は歩いて 二条城

2013.6.9 二条城 001

入り口の番所  こういうの見ると当時の人に質問したくなる

2013.6.9 清明神社 015

おのおの方 この仕事は楽ですか?


二の丸御殿 (1603年)

2013.6.9 二条城 003
入り口は車寄せという所から 当時 牛車のまま中に入った


建物の中は撮影禁止 

2013.6.9 二条城 004 

照明もついていないので 廊下からの自然光で中を見る

明るさは充分ではないけれど 

狩野派の障壁画や彫刻 飾り金具などは豪華で

豊かな桃山文化を感じ取ることが出来た


こっちは庭園と本丸御殿 非公開
2013.6.9 二条城 012

本丸という割に 二の丸御殿と比べてしょぼいと思ったら

五層の天守閣が1750年 雷で焼失

本丸殿舎 1788年 大火で焼失

今あるのは 桂宮御殿を移築したものだって



さあ 次は京都へ来た本来の目的

お昼ごはん!

京で食事といえば鱧だの川床だのあるなか

予想を裏切る短絡的な食事を13時に予約してるから

移動 移動



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。