スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家 de 法要  2

建物の中は 結婚式場!?と見まがうような内装

memoriaささやま2

普通なら実家の仏間で正座して 各々孤独に足のしびれと戦いながら

読経の間耐えていたのが こんな優雅な空間で行われるなんて


2012.11.4 平野家法事 015

ばばーんと3人前 じゃなくて3柱分一度に執り行う

こちら(生存側)の参加は6人 老師さん入れても7人しかいないのに

100人分の椅子が並んだ部屋で

他に葬儀も入ってないから貸し切り状態

こんな立派な祭壇設えてもらって きっとあちら側のみんなも喜んでいるよ

2012.11.4 平野家法事 010

左から 父(享年49歳) 祖父(90歳) 祖母(87歳)

父が33年 祖父と祖母が27年の法要

2012.11.4 平野家法事 008

祖父と祖母は天寿を全う と言えるけど

父は事故でこの世を去った 

優しくもあり厳しくもあり 父には多くの事を教えてもらった

祖父は立派な髭をたくわえていて 神主をしていた

背も高く風貌からして なかなかありがたい感じがしてたんじゃないかと思うw




法要の儀のあと マイクロバスを出してもらいお墓に参り

再びこちらに戻って来て 会食をとる

その墓参りの時に 大失敗をやらかしてしまい

その話はまた後で


こちらのセレモニーホールで用意してもらった会食

先付
2012.11.4 平野家法事 032


八寸
2012.11.4 平野家法事 033

ひとつひとつ手の込んだ料理が並ぶ

これだけ並ぶと 一つぐらいお口に合わない物に出会いそうなのに

どれを食べても美味しい

ノンアルコールビールが進むわ―(←うそつけ)

私(。pω-。)帰り 運転手の人なんよ~


右端が老師さん いいお顔されてるでしょ?
2012.11.4 平野家法事 034


ここで 煮物椀が供されたけど写真を忘れた

造り
2012.11.4 平野家法事 035
まぐろ二切れ食べた後ですねん

炊き合わせ
2012.11.4 平野家法事 037
蓋つきの器に 熱々で出てきた

ここのお料理は熱いものは熱く 冷たいものはちゃんと冷たくして出して下さる

そういう事に気を使ってくれているのがうれしい


焼き物
2012.11.4 平野家法事 038
4種も!! また手が込んでるし

揚げ物
2012.11.4 平野家法事 041
鯛の大葉巻き天ぷら

茶碗蒸し
2012.11.4 平野家法事 042
火力が強すぎたのか すが入っているのは残念だけど 味がイイっ

シンプルな茶碗蒸しかと思ったけど 中から具がごろごろ出てきた



ご飯
2012.11.4 平野家法事 043

もう全員顔を見あわせて お腹いっぱい!

とてもじゃないけどご飯まで入っていかないわー

どうしたと思う?

ラップに包んでもらって 持ち帰ったのよwww


果物
2012.11.4 平野家法事 044
別腹 別腹~♪


ほんとに美味しいお料理ばかりで 大満足でした


当初の予定では これで終わるつもりだった

法事と言えば お寺にも参るものなので(そりゃそうだ)

このまま ドドドッと行かせてもらう事になった

( ̄ー ̄)ちょっと うれしい

私 お寺には会いたい物があるのです


またまた 次につづく










仏像じゃないのよ




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

管理人の承認後に表示されます

2012/11/19 (Mon) 10:31 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。