スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T O S C A

2012.7.118 芸文 004

TOSCA全3幕 千秋楽を長女と観に行って来ました

2012.7.28 tosca 012

力強い指揮で始まる 馴染みのある曲

長女は佐渡氏の指揮を生で見るのは初めてだったので

それだけで感動

舞台も見たいが 指揮も注視したいところらしい


2012.7.28 tosca 008


海外からの招待と日本人のダブルキャスト

日程の都合上 最終日の日本人キャストの方を観ることになった

どちらか選べるとすれば 海外組の方が…なんて思ったりもしたけど

海外組を観た人の感想では テノールとソプラノ(主人公2人)の

声量というか迫力が物足りなく感じた部分があったらしいので

その点は大満足の 日本人組の方が見れてラッキーだったと思う


逆に敵役のスカルピア男爵は 声が曲に消えてしまうところがあって

ちょっと残念 風貌は威厳があってよかったんだけどね

海外組のスカルピア男爵はもの凄い好演で 人気をかっさらっていたとか

そういうこと聞くと あー どっちも観たかったって思う




舞台美術は 時代を忠実に再現した物ではなく

白を基調にデザインされていて

登場人物の心情を浮き立たせるのに役立っているように思った

第一幕の教会 足場は画家であるトスカの恋人マリオが フラスコ画を描くための物
2012.7.28 tosca 014

第二幕は スカルピアの執務室

ここでスカルピアとトスカの駆け引きが行われる

中央の大きな鏡 角度が変わり斜め上から 演者の後ろ姿を映し

それが 表向きのせりふ(歌詞)と本心が異なる事を表しているように

受け取れる

その鏡が板ガラスではなく 歪んで映る材質で

ほんと うまいこと考えてあるな― と

2012.7.28 tosca 015

第三幕 サンタンジェロ城(処刑場)の象徴的な像

ここで 希望と喜びに満ちた展望から 絶望と死の終篤を迎えた
2012.7.28 tosca 013




受験の為 楽器から遠ざかっている長女

幕間にオーケストラピットを覗きこんで

楽器吹きたい楽器吹きたいと連呼していた

家で吹けばいいと思うが 合奏がしたいらしい

吹奏楽と管弦楽の音の違いに感心したり

オーケストラへの憧れが強まったり


余計なところを 刺激してしまったのだろうか?



コメント

  • 2012/08/03 (Fri) 10:57
    こんにちは。

    大変ご無沙汰しております

    トスカ・・・娘たちのコンクール自由曲です
    県大会目前の今日になってはじめてこのオペラのDVDを
    メンバー全員で観るそうです(笑)

    美 昇 #- | URL | 編集
  • 2012/08/04 (Sat) 10:04
    Re: こんにちは。

    あ、美昇さん!こんにちは
    お久しぶりです。

    お嬢さん県大会進出決められたのですね
    おめでとうございます。
    トスカは、昨年長女も自由曲で吹いたので
    我が家ではとても馴染み深い曲なんです。
    DVDを鑑賞されて、
    よりドラマチックな演奏ができると思いますよ
    歌に生き、恋に生きるトスカ 
    かなり情熱的でしたから。

    県大会に向けての練習、暑さに負けず頑張って下さい。
    蔭ながらトスカを演る学校を応援します。

    lano. #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。