スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サージェントの 時間

いつも 夕方散歩に行く公園のバラ園が見ごろを迎えた

見ごろになると 当然訪れる人も増えるわけだけども

この日は誰もいない

そして

時間が どんぴしゃ!

2012.5.ばら公夕景 002

街灯がつきはじめた時間で

実際は 写真よりももう少し暗い

2012.5.ばら公夕景 001

これくらいの明るさが 最も好きな絵

ジョン・シンガー・サージェントのカーネーション・ユリ・ユリ・バラが

描かれた時間

                       カーネーションユリユリバラ

この絵が好きだと言う人は多い

万人受けするのもわかる

わかっていても 好きにならずにいられなかった

この絵の前に立った時 ずっと眺めていたいと思いながらも

ほんとうは ゆったりと眺めていては駄目なんじゃないかという気になる

周りに人が多いとかそういうのじゃなくて

美しいモノを眺めていたいという希望に

日が暮れてしまう焦燥感のようなものが混在してしまうというか・・


1885~1886年 長い日にちをかけ

1日にキャンバスに向かったのは 

そのこだわりから 夕刻の僅か10分程だったという

そのたび モデルの少女二人に

白いドレスに着替えさせて 庭に立たせたとか

日が落ちた後の 希少な光と影を留めたサージェント


グッジョブ!







2012.5.ばら公夕景 009


2012.5.ばら公夕景 010

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。