スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想録 車遍歴

我が家の車は 5年のリース契約で

その契約が終わる

終わるにあたって 3択を迫られたんだけど

2013.10.28 pre 011

ここで 我が家の車遍歴を思い返してみた

といっても華々しい車には乗っていない 大衆車の遍歴


私は独身の時 コルディアという1600㏄の車に乗っていて 結婚前に手放し

結婚した1986年は 夫所有の赤のコロナをそのまま二人で使ってた

翌年 夫が思い付きで 

諸経費が安く上がるから軽のワゴンに買い換える と言い出して

反対する理由もないから スズキの灰色のワゴンに買い換えた
(結婚後2台目)

このあと長男を妊娠 お腹が大きい時に京都の親戚の家に行くことになり

軽の乗り心地の悪さに 気分が悪く お腹が痛くなって泣いたっけ

このころは泣いても ちょっとはかわいげがあったかも知れない


乗り心地は最悪だったけど いいこともあった

結婚前に祖母が亡くなり 長男誕生前に祖父が亡くなったので

結婚前から夫が 私の実家に行くことが尋常じゃないくらい頻繁にあった

はじめ 私の親戚の目に夫の印象は 赤い車に乗ったいけ好かん都会もん

に 少なからず映っていたようで 

それがわかったのは 軽のワゴンに乗り換えてからのこと

軽自動車で実家に帰った日から

叔父たちが夫に 以前よりフランクに話しかけてくるようになり 急に優しくなった

今でもこの時のことを思い出したら笑える

人は激しく見た目に左右されるし

田舎の人の 軽自動車の求心力は凄まじいと思った



乗り心地のあまりの悪さに辟易とし 次に乗り換えたのは

中古車のマークⅡ(3台目)

住んでいたところの近くに 大きな平面駐車場があって そこを借りていたんだけど 

盗難未遂というか 何度も何度も ドアの鍵穴ににハサミの先のような金属片がつめられて

そのたびに5万円修理費がかかって 悔しい思いをしたわ


夫はトヨタの車が好きで マークⅡがモデルチェンジした時に買い換え 

その当時5歳の長男もたいそう喜んでいた(4台目)

車が来て1か月しないうちに 

私がスーパーの駐車場で柱に後部ドアをメリメリッとこすり付けてしまい

ドア1枚お取替え~

柱の下50センチくらいが太くなってる よくあるあの柱よ

でも 鍵穴へのいたずらはパッタリ減った

マークⅡがおっさん車の代名詞のように言われかけたから?



娘たちが生まれて アウトドアブームでキャンプによく行くようになり

荷物が積めるようにと 次に乗り換えたのは7人乗りのイプサム(5台目)

車体は大きくないから運転しやすいし

ワンボックスは荷物が積みやすかったから重宝したわ

この車が 所有していた期間がいちばん長く10年乗った

娘たちは中学生になり クラブの練習で校外の体育館を利用することが多く

100人近い部員を 手伝える親が集まって車で送迎する

でも7人乗ると重くて走らないし

10年落ちの車は 外見も情けない感じがしてきたような気がして 

買い換えを決意した



5年のリース契約でプレマシーを購入(6台目)

またまたワンボックスにしたのは クラブ送迎のためだけによw

2013.10.28 pre 009

私はこの外見はとても気に入ってたけど

トヨタから乗り換えて 腐ってもトヨタと思ったね

ハンドルを持った感触とかシートの座り心地が全然違った


3択 というのは

5年経ってリース契約が終わり

車を手放すか 

新しい車を契約しなおすか

48万円支払って乗り続けるか選ばなくてはならない



つづく




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。